そうだ、宿便を出そう!〜宿便を気持ちよく落とす方法〜

そうだ、宿便を出そう!〜宿便を気持ちよく落とす方法〜

ファスティング(断食)に興味がある方の中には、断食中に宿便が出ることがある、ということを聞いたことがあるかもしれません。

事実、私自身も断食中に出たことがありますし、指導した人たちの中にも一定の割合で『宿便が出ました!!』という報告があります。他の指導者仲間からも同じような話を聞くので、断食中に宿便が”出ることがある”(100%じゃない)のは間違いないかと思うのです。しかし科学的根拠はないという意見や眉唾ものだという意見もやはりあります。私も残念ながらどういう人が出やすいのか?という傾向すらよく分かりません。

そこでこの記事では、宿便とはそもそもどんなものを指しているのか?そしてあるならどうやって出すのか?宿便が出るとどんなメリットがるのか?などを書いていきたいと思います。

そもそも宿便って何??

宿便についての定義ですが、Wikipediaによると

消化管運動の異常により便が排出されず大腸内に滞留している状態[1]
国語辞典には、「宿便:排泄されないで長い間、腸の中にたまっているふん便」等と記載されている[2]が、宿便は医学の専門用語ではない。医学博士の甲田光雄は、一私案と断った上で、宿便の定義を「胃腸の処理能力を超えて、負担をかけ続けた場合、腸管内に渋滞する排泄内容物を総称したもの[3]」であるとしている。

Wikipedia
宿便のレントゲン写真
宿便のレントゲン写真 Wikipediaより

ということで、医学用語ではなく断食指導者として著名な幸田光雄氏が定義したもののようです。

大腸の内視鏡検査やX線写真では確認できないという理由から、宿便というものの存在をハッキリ否定する医師もいます。

そんなものはオカルトだと騒ぎ立てる、批判してくる人もいます。

もちろん、宿便の存在を認め、宿便を出すことの意義を唱える医師も民間の治療師もたくさんいます。

宿便を取り除いてデトックスしよう!というのは至極全うな意見にも聞こえますし、出たときの爽快感は体験者の私自身、なかなか良いものと言えます。地味でわかりにくい腸内環境の改善の類の中では派手ですね(笑)

宿便があるのかないのか、その存在自体は決着のつく話ではないですが、いわゆる”宿便を出す”といわれる方法論の多くは、腸の掃除には非常に有効なものが多く、その代表例が断食です。

あなたは食べすぎている。それは間違いない。そのせいで消化に負担がかかり、未消化物があるのもまた事実である。

人によっては、胃に入る限界量は消化できる限界量だから、食べられた量が消化できる量だ、という意見の方もいます。なんとなくあっているようにも思えますし、適応していく力があるのもそうだと思います。

ただ、みんな。やっぱり食べ過ぎだよ!

食べ過ぎることに免罪符を与える必要はないと思う。無駄に食べて無駄に排出して、しかもそれが排出しきれていないかもしれない。その未消化・未排出のものが体に悪さをしているかもしれない。

これは由々しき事態です。無駄が多すぎ!

少なくとも食べ過ぎは誰でも、胸焼けや食あたりなどの実感としてあるように、体には負担をかけているのです。

だから・・・・

体に良いならやってみればいい。

基本的なスタイルととして、宿便があろうがなかろうが、それに類似するようなものが断食で出ることがあるのは紛れもない事実です。

そして、それが体に良いことであるなら興味があればやってみればいいじゃん!というのが私の意見です。

宿便=デトックス。宿便を出すと良いと言われる所以はたくさんあります。

ということで宿便はあるかないか根拠は示せないけれど、宿便を出すといろいろ良いと言われています。例に上げると

  1. アトピーなどのアレルギー体質の改善につながる
  2. 体重が減る(宿便が2〜6kgあるという説もある)
  3. 肌荒れが緩和される。肌の調子が良くなる
  4. ぽっこりお腹が凹む
  5. むくみにくくなる
  6. おならが臭くなくなる

他にも調べればたくさんありますが、基本的には腸内環境の改善に言われることと同じと考えてください。

ということで様々なメリットがある宿便出し。その方法をいくつか紹介したいと思います。

宿便を出そう!でもその前に。

宿便を出したい!という人ほど便秘だったりします。正直私は便秘しているならまず便秘をどうにかしたほうが良いと思います。宿便とは違い、便秘は明らかに溜まっている状態ですからね。それを出してから、ようやく宿便の話になるのかと。

便秘の解消については、こちらの記事を参考にしてください。

ファスティング(断食)後に便秘しないための超簡単な方法と便秘してしまったときの対処法


宿便を出す方法① 〜梅流し〜

梅干しは断食中にもよく使われる日本の元祖デトックス食品です。宿便を出す方法としても非常に有名です。私も断食中に宿便をどうしても出したい!という強い希望があった場合は梅湯をオススメします。ただ、梅湯だけで宿便が取れるかというとまず取れないだろう、というのが私の意見です。あくまでも断食との併用がオススメです。断食を2日でもいいのでしてみましょう。これが一番気持ちよく宿便が出る可能性が高いです。

梅湯(梅流し)で宿便を取る!
梅湯は断食中によく使われる
  1.  梅をお湯のなかでできるだけ崩す。
     梅はできる限り良質なもの(シンプルなもの)を手に入れましょう。はちみつ入りなどは不可です。田舎梅のような塩がふいているようなものを利用してください。
  2.  梅湯を飲んだ後に大根おろしときゅうりおろしをよく噛んで食べる
  3.  これを断食中に1日1〜2食取り入れる。
  4.  回復食にも梅湯と大根おろしときゅうりおろしを3食とも食べる

梅がどのような働きでデトックス効果を発揮しているか分かりませんが、大根おろしときゅうりおろしは、それぞれのもつ消化酵素の働きで宿便を分解すると考えられます。また食物繊維も豊富なので宿便を絡みとってくれるので排便を促すことができると考えられます。そういう意味で入手可能でしたら、青パパイヤも非常にオススメです。青パパイヤは全野菜の中でも抜群に消化能力を保有しているうえ、糖質・脂質・タンパク質の3大栄養素をすべて分解する力を持っています。

宿便を出す方法② 〜吸水するシード系を摂る〜

宿便とマグネシウム

ときどき宿便を出すために下剤を飲むというものを見ますが、基本的にはコーラックのような下剤はオススメしません。またセンナのような漢方薬の下剤もオススメしません。こういった市販品の下剤は腸を冷やして排便を促すものがほとんどです。

市販の下剤がどんどん効かなくなるのはそのためで、緊急にはいいかもしれませんが常用すると腸がどんどんと冷えてしまい、便秘を必ず悪化させます。

では何がいいかというと、マグネシウム剤やキウイ、チアシードやバジルシード、オオバコシードなどの水を大量に吸水して排便を促すタイプのものです。こういった種の周りにプルプルのコラーゲンのようなものができるタイプのものは、排便を促し周りの悪いものも一緒に吸収して出してくれます。

この場合はたくさん水を飲むのがオススメなことと、量を間違えると大変なことになる(1日に何度もトイレに走る羽目になる)ので仕事がない休日にやってみることをオススメします。

宿便を出す方法③ 〜腸もみ〜

これは言葉で説明するよりも動画が良いと思いますので以下の動画を参考にしてみてください。便秘を解消する方法ですが、宿便にも通ずるところが多いです。特に動画の中3:00くらいから説明がある呼吸に合わせて腸を動かすエクササイズはかなり重要です。

断食中に座禅を行うような、禅寺での断食合宿では宿便が出やすいようです。これはあくまでも推論ですが、深い呼吸をして腸を動かすことと、宿便が出やすいことに関係がありそうです。深い呼吸をしながら自分の腸を強く意識することが大切です。

番外編 オススメできない宿便を出す方法は腸内洗浄

ここまでは、宿便を出すオススメの方法でしたが、あまりというよりは、やらないほうが良いだろうという方法論が腸内洗浄です。一時セレブがやっているというような触れ込みで流行りかけて病院でも導入するところがあったり、キットが販売されていたります。

ですが、外部から洗浄するというのは腸壁が傷ついてしまったり他のリスクが考えられますのでやめておいたほうがいいと思います。少なくとも自分でキットを購入してやるのはやめておいたほうがいいでしょうね。衛生的にもよくなさそうです。

あと、墨汁を飲むというようなものもありましたが、正直論拠が分かりません。やめましょう。炭はなんとなく分かります。玄米を焦がした健康食品があり非常にデトックス力があることも知られています。ただ宿便との関係はよく分かりませんでしたので、今回は記載することをやめます。

宿便ってどんなうんちが出るの?

これも私は自分のものしか見たことがないので分かりませんが、話の感じだと結構個人差がありそうです。勇気のある人は宿便で画層検索してみてください^^;たくさん出てきます。。

■宿便についてのまとめ■

  • 宿便が実際にあるかの科学的根拠は分かりませんが腸内をキレイにすることはとても大切なのでやってみる価値あり!
  • 基本は断食との併用が効果を期待できます。
  • 強制的に行うような下剤や腸内洗浄はやめておいたほうがいい

断食で体を変えるカテゴリの最新記事